京都の文化財公開施設


今回は一般にも公開されている京都市の3つの文化財施設を紹介します🎵


名勝 無鄰菴


左京区岡崎にある「無鄰菴」は明治大正時代の政治家「山縣有朋」の別荘として1986年に造営。
京都で有名な作庭家「七代目・小川治兵衛」が作庭。


山縣有朋の指示に基づき小川治兵衛が作庭した無鄰菴は、東山の借景にした日本庭園が近代建築の傑作とも言われています。

1941年に山縣家から京都市へ引き渡され、国の名勝に指定。



東山を背景に取り込み、野山に小川が流れるような身近な里山の風景をモチーフにしています。



お好きな飲み物とスィーツがセットになった喫茶付き入場券(¥1,600)があります。



山縣氏が当時見たであろう東山の借景をした美しい庭園を臨みながら一服できます。



旧三井家下鴨別邸


京都下鴨神社の糺の森の南側に位置する旧三井家下鴨別邸は、大正14年に完成した呉服商を営んでいた豪商・旧三井家の別邸。



明治期から大正期に歴史的建造物として国の重要文化財に認定され、京都市による修復作業を終え平成28年から一般公開が開始されました。


下鴨別邸は「玄関棟」「母屋」「茶室」の3棟からなり、観覧できるのは母屋の1階部分と庭園のみ。


母屋は明治13年に建てられた三井家の木屋町別邸から移築された建物です。南向きに建てられているので、美しい庭園を臨めます。


庭園には、泉川から水を取り入れた滝流れを持つひょうたん型の池が作られています。池には石橋が架けられ、お茶室にもつながっています。


こちらも素敵な庭園を眺めながらお座敷にてお茶をすることができます。

一保堂のお抹茶茶と亀屋良長に季節菓子のお抹茶セットや、小川珈琲のカフェラテなどがいただけます。




岩倉俱視幽棲旧宅



岩倉具視は、江戸時代末期から明治時代初期に活躍した公家・政治家。



岩倉具視幽棲旧宅は洛中から追放された幕末の約3年間を過ごした洛北の岩倉に残る旧宅です。


周囲を塀で囲まれ、主屋と附属屋、繋屋から成り立っています。

長年にわたって守り続けてきた財団法人・岩倉公旧蹟保存会が平成25年に京都市に寄付をされ、一般公開もされるようになりました。

岩倉具視が自ら植えたと伝わる「御手植えの松」を中心とした庭園も見どころ。

京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす