京つづりセレクト 京都の美しい庭園 5選



京都の長い歴史と文化によって育まれた「京都の日本庭園」

庭園の発祥は、「日本書紀」の記述から飛鳥時代に蘇我馬子が中島のある池を設けたことが始まりとされています。

平安時代の神殿庭園、鎌倉時代の枯山水、室町時代の書院造庭園や回遊式庭園…その時代ごとの背景を表している庭園。

京都の近代庭園は、作庭家「小川治兵衛」を中心に、東山を借景にし、野山にせせらぐ小川など、自然を感じさせる庭園がうまれました。



 
今回は京都の美しい庭園5選を紹介するよ★




平安神宮・神苑


京都市左京区、平安遷都1100年を記念して創建された、平安神宮。

平安神宮の社殿を囲むようにある「平安神宮神苑」は明治時代の代表的な日本庭園。

総面積約10,000坪の広大な池泉回遊式庭園で、東・中・南も4つの庭園から成り立っています。




明治時代の有名な造園家「小川治兵衛」らが作庭され、昭和50年には国の名勝にも指定されました。
春は桜、初夏は杜若と花菖蒲、秋は紅葉、冬は雪景色。四季折々の美しさを楽しめます。




妙顕寺庭園


京都市上京区堀川寺之内にある妙顕寺は、鎌倉時代後期の元亨元年(1321)に創建された、京都における日蓮宗最初の寺院す。


白砂が美しい「四海唱導の庭」、竹が涼やかな「竹の坪庭」、立派な赤松と丸窓から見える景色が美しい「光琳曲水の庭」、水琴窟の癒しの水音「五色椿と松の庭」、4つの趣の違う庭園を楽しむことができます。

洛中にあるにも関わらず、静寂で広々とした境内です。




しょうざん庭園


京都洛北の鷹峯にあるしょうざんリゾート京都の北側に位置する、北庭園。


北山台杉や茶室をはじめとする日本建築が自然と調和して点在し、紀州青石、梅や楓を巧みに配した散策路をもつ回遊式庭園。


樹齢350年以上の北山台杉や、貴重な建造物を移築された歴史ある6つの茶室が見どころ。


庭園内には紙屋川が流れています。都会の喧騒から離れ、ゆっくりお庭を散策できます。





勧修寺氷池園


京都市山科区にある勧修寺の境内にある「勧修寺氷池園」は京都市指定名勝でもあります。

「氷室の池」を中心とした背後の山を借景とした広大な自然を楽しむ「池泉型庭園」



花や鳥の声が絶えない古都の庭園とも呼ばれるとても美しい庭では、四季折々の花々を楽しめます。
春は桜と藤、初夏は睡蓮やかきつばた、秋は紅葉が見頃。



自然溢れる庭には沢山の野鳥が訪れ、人も少ないので、ゆっくり自然を感じながら散歩感覚で訪れることができます★




金戒光明寺・紫雲の庭


金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は、京都市左京区にある浄土宗の寺院で、地元の方からは「くろ谷さん」と呼ばれて親しまれています。

平成18年に法然上人800年大御遠忌記念として作庭された、法然上人の生涯と浄土宗の広がりを枯山水で表した庭園。白砂と杉苔を敷き詰めた中に、法然上人や上人を取り巻く人々を大小の石で表しています。


オススメは秋の特別夜間拝観。ライトアップされた紅葉が息をのむほどの美しさ。

中央には大きな池が設けられており、紅葉のリフレクションが綺麗です。



自然と溶け合う美しき庭園は、心が洗われます。






京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす