「京の台所」錦市場の歴史や見どころ、オススメ情報も



 
京都人の御用達。沢山のお店が並びぶ商店街「錦一番」を紹介するよ♪




130店舗が立ち並ぶ京都きっての市場


錦市場は「京の台所」と呼ばれる京都きっての市場。

四条通りの一本北に位置する錦市場。
東は寺町通、西は高倉通まで390mの長さの通りにおよそ130店舗もの店がひしめき合っています。

道幅約3mという結構な細い道なのですれ違うのにも大変💦


青果店や鮮魚店、豆腐店、乾物など京都の食材がほぼこちらで揃うと言われています。



地元の方から観光客まで沢山の人々が訪れる人気の市場。

京都人は年の瀬の買い出しに錦市場を利用します

。年末は棒だらやおせちに使えそうな京野菜や鮮魚、白味噌など、京都の正月を感じられます。その後、高島屋の三嶋亭でちょっといい牛肉を買うのが定番★

年末は前に進めないほど混雑しますが、活気があってとても楽しいです♪



錦市場はアーケードが設あるので雨の日でも安心☺

赤、白、緑のアーケードは1993年に設置され、錦市場の象徴ともいえます。


また錦市場の暖簾やシャッターなど至る所で「伊藤若冲」の絵を見ることができます。


伊藤若冲は、日本絵画史に残る江戸時代の有名天才画家。なんと錦市場の青物問屋「桝源」の生まれなのだそう。

繊細で鮮やかな色使い、特に鶏や魚など生物の描写は息をのむほどの美しさ、ひとつひとつの作品を見て歩くのもオススメ✨




400年の歴史を持つ錦市場


錦市場のある錦小路は、当初「具足小路」という名前でしたが、天喜2年に御冷泉天皇によって「錦小路」に改名されたそう。

錦小路では、室町時代には米座や油座などの座ができ、近江の鮒や隠岐の鮑など魚介類も取引されていた記録があります。

その後の応仁の乱、文明の乱により荒廃。のちの天正時代に豊臣秀吉が京都改造時に再建。


本格的な魚市場として始まったのは江戸時代。幕府により魚問屋の称号が与えられ、椹木町通の「上の棚(かみのたな)」、六条通の「五条の棚」とともに「京の三店」と呼ばれるように。


以後、魚以外にも青果店や精肉店などあらゆる食料品を扱う「錦栄会」を設立し、現在の賑やかな錦市場が生まれました。





食べ歩きOK?錦市場の歩き方


錦市場を歩いていると威勢のいいかけ声が響き渡り、ついついお店を覗いてしまいます(笑)

その場で調理してくれたり、すぐに食べられる加工品も多くあります。


食べ歩きはできるの?と思う方も多いのですが、残念ながらNG💦

錦市場では景観保全やトラブル防止のため、食べ歩きは禁止されていますが、店舗の前で食べるのはOK!

また錦市場で購入した食材を持ち込めるイートインスペースもあります😄

商店街のちょうど真ん中にある「丹後TABLE」と錦から富小路を少し入ったところにある「錦食堂」の2店舗あるので利用するのもオススメです。




錦市場オススメ情報


錦市場には、京野菜や魚介類、飲食店などが沢山ありますがその中でもオススメのお店を紹介♡



●冨美家 うどん

昭和21年創業の老舗のうどん屋「冨美家」は京風うどんがいただけます。
やわらかな麺と、しっかりと出汁をきかせた薄味のお出汁が特徴の京風うどん。


京のたぬきうどんや九条ネギのうどんなど京都らしいメニューも。また底冷えする京都の冬にはぴったりの冨美家鍋は必ず食べてもらいたい一品です。



●こんなもんじゃ おとうふスイーツ

京とうふ藤野が展開するおとうふスイーツ「こんなもんじゃ」の人気ナンバーワン「豆乳ドーナツ」


豆乳ドーナツは、表面はサクサクとしているのに中はフワフワ。軽い食感で優しいお味。
原料が豆腐なのでヘルシーなのも嬉しい♡


店頭で揚げているので、できたてあつあつがいただけます。もちろん冷めても美味しい✨



●櫂 たこたまご

おつまみや珍味・ふりかけ・乾物専門店「櫂」


人気の「たこたまご」は甘辛く炊かれたタコの中にウズラの卵が入っています。
見た目も可愛いしSNS映えもしそう♡

店頭でいただけます★



●鱧秀 えび串


店前で食べらえる大人気のえび串は、ホットプレートで焼いてくれるのでアツアツがいただけます♪


プリプリの大きなえびが3匹も!シンプルに塩とレモンの味付けですがマヨネーズと一味の用意もあります。


●錦天満宮 


錦市場商店街の東端に位置し、錦の天神さんと呼ばれる「錦天満宮」




繁華街と忘れてしまうほど静かで落ち着いた境内。

拝観料無料で20:30まで開門しているので錦市場にでお買い物の際に是非参拝してください☺




錦市場 基本情報


⭐住所 京都府京都市中京区西大文字町609番地

⭐アクセス 地下鉄烏丸線「四条」駅下車徒歩 3分




※水曜日が定休日のお店が多いので、水曜は避けた方が良いです


それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵


皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨






京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす