京つづりセレクト・京都のうどん屋さん





2021年7月現在、

京都の美味しいうどん屋さんを紹介♬

ぜひ、ご参考にしてみてくださいね💕








冨美家


昭和21年創業の老舗のうどん屋「冨美家」(ふみや)は、京都市民から愛されている京風のうどん屋さん。

直営飲食店は2店舗、堺町蛸薬師にある本店と錦店があります。




底冷えする京都の冬の定番が「冨美家鍋」¥720

焼き餅2個、海老天、麩、煮つけ椎茸、かまぼこ、九条ねぎに落とし卵が入った鍋焼きうどんです。



何と言っても美味しいのがお出汁。北海道利尻の天然昆布とうるめ、鯖、目近の3種類の節をブレンドし、伏見の地下水を用いて大釜でじっくり煮だし、みりん、薄口しょうゆ、白ザラメを加えて仕上げています。

昔ながらの製法で作られるお出汁は、優しくて、旨味があります。

他にも京のたぬきうどんや、九条ネギのうどんなど、京都らしいメニューも沢山あります。







饂飩店よこやま


上京区の今出川寺町を少しがった所に2019年にオープンした「饂飩店よこやま」は、2021年のビブグルマンのも選出された話題のお店。



海老かしわ半天牛ぶっかけ」¥1,500
+150でかやくご飯が付けられます。



うどんに使われる小麦粉は香川の製粉業者から取り寄せており、一晩寝かせた生地を手打ち手切りしているそう。
こだわりの塩を使用した自家製麺は絶品です。

お出汁は、利尻昆布と煮干し、サバ、うるめ、宗田節と最高級のかつお節を使用。また無添加みりん、無添加醤油を使用し、化学調味料は一切使用していないそう。

天ぷらはDrフライという最新調理機器を使用しており、なんと油が50%もカットされているそう!


刻みきつねうどんや、甘きつねなどの京風うどんから、限定の生湯葉うどんや梅おろしぶっかけなども。

行列必須のお店です。







イカヅチうどん


2018年に銀閣寺近くの北白川今出川のオープンした「イカヅチうどん」

稲妻のマークが目印⚡真っ白な壁にガラス張りの外観と、白と木目調のおしゃれな店内は、まるでカフェのような雰囲気。




お得な
「平日限定ランチセット」¥850
ぶっかけうどん、親子天ご飯、漬物。



うどんは讃岐うどんのようなコシがありツルツルとした食感。

イカヅチうどんのうどんは、三重県と北海道の国産小麦粉を使用した自家製麺。
18時間2段階熟成させた生地を、伸びのあるしなやかなうどんに仕上げているそう。

また毎日取っているという出汁は、前日から昆布と煮干しを水出しし、カツオ、メジカ、サバ、ウルメを加えた天然出汁。


親子天ご飯は、かしわ天、半熟卵天、ししとう大きいかしわ天はサクサク♡卵も良い具合の半熟具合。

お店の一番人気は九条ねぎと揚げの葛あんかけ。
京都産の太目の九条ネギがたっぷりはいっています。









うどんや ぼの


下鴨神社から歩いてすぐ、下鴨本通沿いにある「うどんや ぼの」、お昼はうどん屋、夜はうどん居酒屋をされています。



スタンダードなうどんメニューから創作うどんなどメニューが豊富です。


天ぷらうどん 1,190円

定食+280円 大和芋とろろご飯(香の物・佃煮つき)




ちく天・半熟卵のぶかっけ 890円

定食+200 鶏五目ごはん小(香の物・佃煮つき)


おうどんは讃岐うどんですが、お出汁は京風。
お出汁は上質なこんぶやいりこ、かつお節などを使用しており、無添加なので安心。

米粉で揚げた天ぷらは、衣も多くなく、からっと揚がっていて絶品でした。

オリジナルのおうどんの「明太子和風カルボナーラ」も人気メニュー。









山元麺蔵


京都市左京区にある「山元麺蔵」は動物園や京セラ美術館が立ち並ぶ岡崎通に位置しています。

必ずと言っていいほど、長い行列ができている大人気のお店。

ビブグルマンにも認定され、食べログもうどん部門で1位(評価は3.9!)、京都で一番人気のあるうどん屋さんです。





大人気の山元麺蔵が並ばずでいただける、山元麺蔵の隣に2019年にオープンした「テイクアウト麺蔵」はテイクアウト専門店。



きつねうどん ¥800
冷凍のお出汁とお揚げ、乾麺がセットになって渡されます。



かつお出汁がたっぷりきいた京風お出汁に、讃岐うどんのコシがありモチモチした食感。
まさに京都と香川のコラボレーションです。
大きいお揚げは甘辛く炊かれていて美味しいです♡

サイドメニューの、ささみも天ぷら・土ごぼうの天ぷら・炊き込みご飯もテイクアウトOK!







京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす