京つづりセレクト・京都のおすすめ多国籍グルメ




2021年7月現在、

京都で美味しい多国籍グルメを紹介♬

ぜひ、ご参考にしてみてくださいね💕





バーン・リムナーム(タイ料理)


四条木屋町をすこし下がったところにある、本格的なタイ料理を京町家風のお店でいただける人気のレストラン。



スタッフは全てタイ人。タイより来日したタイ人シェフが、タイ直輸入のスパイスやハーブを使って調理してくれます。

ランチは全部で12種類ありますが、オススメはパッタイセット(900円)


パッタイとはライスヌードルを使ったタイの焼きそばで、ナンプラーがきいていて甘みと酸味のバランスが絶妙!具は卵、ニラ、豆腐、炊くあん、干しエビ、海老、もやし。レモンをたっぷり絞っていただきます♡

鴨川納涼床の季節は川床でいただけるので、5月~9月までに夏季期間がぜひオススメ。






コムゴン(ベトナム料理)


四条烏丸にある、ベトナム料理専門店。本場ベトナム人シェフが作る本格的なベトナム料理を気軽に楽しめるとあって人気のお店。


フォーやバインカンがセットになったランチは11種類と種類豊富で、¥900~とリーズナブル♪


オススメはフォーガーランチ(¥930)。フォー、サラダ、煮豚と高菜の甘辛炒めご飯がついてきます。生春巻きも絶品☆
人気のお店なので予約してからの来店がおすすめです。







エル・ボガバンテ346(スペイン料理)


烏丸御池駅近く、三条通沿いに面している「エル・ボガバンテ346」は、本格的なスペイン料理をいただけるスペイン料理店です。

ディナーはコースは3種類あり、¥3,750~。アラカルトメニューも充実しています★
特に日替わりメニューは、産地直送や、毎朝の市場で仕入れる旬の素材を使っているのでおすすめ。


本場のパエージャ。
「paella」スペイン語で発音すると「パエージャ」と発音します。

手長海老、ムール貝、イカ、アサリ、インゲン。お米一粒一粒に海鮮の旨味が染み込んで最高に美味しいです!


他にもイカ墨のパェージャ、タパスの盛り合わせ、アヒージョなどもオススメ★








微風台南(台湾料理)


京阪・神宮丸太町から徒歩5分ほど、河原町丸太町を少し上がった所に位置する「微風台南」は、本格的な台湾料理がリーズナブルに楽しめるといって人気のお店です。

古民家を改装したという店内は、異国情緒あふれる空間。

人気は台湾名物「魯肉飯(ルーローハン)」


魯肉飯は台湾のローカルフードで、醤油やスパイスで甘辛く煮込んだ豚肉を煮汁ととともにご飯にかけた丼。

日本人向けの台湾料理はよくあるけど、ここは台湾の味をそのまま再現されています!

¥1,000あればお腹いっぱいになりコスパも最高♬








パクチー丸太町(タイ料理)


河原町丸太町の北東門にある、パクチー丸太町は、タイ料理を中心としたレストラン。

丸太町パクチー以外にも、四条パクチー、三条パクチーと京都で3店舗展開。

まるでタイの大衆食堂のような異国情緒溢れる店は、椅子やテーブル、食器などを全て現地から調達したものだそう。京都にいながら、本場タイの雰囲気が味わえます。


タイより来日したタイ人シェフが、タイ直輸入のスパイスやハーブを使って本格派のタイ料理を調理してくれます。


好きなパッタイ定食(¥880)
セットのハーブ風味の唐揚げ&えびせん、生春巻き、サラダ、デザートはタピオカココナッツミルク。



他にもカオマンガイ(タイの鶏飯)や、ガパオライス、トムヤンクンラーメンなども。

またベトナム料理のメニューもあり、ベトナムのサンドウィッチ「バインミー」や、定番のフォーなどもあります。

ディナーはお酒のアテになりそうな一品や、コース料理もあります。






京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす