京番茶 一保堂

1717年創業の京都に本店を構える、日本茶の専門店。

一保堂(いっぽうどう)

今回は本店に行ってきました😃

本店は京都御所の南北に走る寺町通りに面しています。寺町通は画廊やアンティーク家具屋、骨董店などが立ち並び散策するのも楽しい♪

「茶」の暖簾がかかているので発見しやすいです👆

茶道に使う抹茶だけではなく、煎茶、玉露、茶器などの取り扱いがあります。

一保堂では、木津川、宇治川両水系の気候で栽培され、宇治発祥の宇治製法で作られたお茶を中心に取り扱ってるそう🍵

特選玉露は大缶で1万円以上する高級なものも!😆

我が家の定番の入り番茶。今回は水出しもできるティーバッグタイプも購入😄

京都で番茶といえば「いり番茶」

入り番茶とは「その年最初の茶摘みの後、ヒザ丈程度の高さに切り落とした茶の木の枝や葉、茎を蒸し、その後揉まずに葉が開いた状態のまま乾燥させます。最後に、高温に熱した鉄板の上で、3分ほど強火で炒って仕上げたお茶」です。(一保堂HPより引用)

見た目は落ち葉のような葉っぱと小枝、スモーキーな香りが魅力的です。

「赤ちゃんや病気の方に良いお茶」と古くから愛され、伝えられていまる入り番茶。冬はポットに入れて毎日飲んでいますが、本当に風邪をひきにくくなりました😊

本店では嘉木(かぼく)という喫茶室も併設されていて、一保堂のお茶を実際に飲んでみることができます✨スタッフが美味し入れ方を教えてくれるそう👍

また本店ではお茶の入れ方教室や親子教室なども開催されいますが、コロナの影響で当面の間は休止とのこと💦


抹茶のたてかたや煎茶の入れ方などを教えてくれる教室、再会されたらぜひ行ってみたい🍵

テイクアウトもされてました。期間限定のフローズン抹茶が美味しそうでした💚

入り番茶は私は大好きですが少し癖があります。煎茶などが万人受けするのでお土産にはピッタリかと思います💕

京土産 京番茶 一保堂
3.9
料理・味

★★★★★

雰囲気

★★★★

ボリューム

★★★

アクセス

★★★

コスト

★★★

一保堂

住所:京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町52

営業時間:9:00~18:00 喫茶は10:00~17:30ラストオーダー

アクセス:東西線「京都市役所前」駅 11番出口 徒歩5分

HP:https://www.ippodo-tea.co.jp/

※店舗の裏に駐車場有(一方通行なので入り方に注意)


ブログランキングに参加しています。

こちらもどうぞ♪♪

京都府ランキング
京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす