賞味期限1分!?あんバターたい焼き「まめものたい焼き 嵐山」


みなさん、こんにちは⭐管理人のCOZZYです🎵

寒い日々が続いていますね💦今朝の電光掲示板は3℃でした🥶
昨日は京都市内でも雪が降っていたそうです⛄


突然ですが、たい焼きって頭から食べるか、尻尾から食べるかどちら派でしょうか?


調査の結果、頭派が約70%、尻尾派は約30%で頭派の圧勝です!


ちなみにわたしは尻尾のカリッとした食感が好きなので尻尾派⭐


今回は京都ではブームを起こしつつあるたい焼き屋さん、まめものとたい焼きの紹介です🎵







まめもののとたい焼き


1871年創業のそばぼうろなどの焼き菓子製造で有名な「株式会社石田老舗」と、京都でカフェプロデュースを行う「株式会社トーヤ」がコラボしたたい焼き専門店。



2020年9月に嵐山にオープンしたばかりの新店です。


場所は嵐電嵐山駅前にある昇龍苑内。昇龍苑の1階中央あたりにお店を構えています。

連休などにはかなり行列ができている人気のお店!略して、まめたいと呼ばれています。








まめたいのメニュー


たい焼きは全部で3種類。


・つぶあん ¥300
・ロイヤルカスタード ¥300
・あんバター ¥350

夏場はたい焼きソフトも販売されていたそう🍦


ドリンクは、コーヒー、ソイバナナシェイク、ソイベリーシェイク、レモンソーダなど。


たい焼きコーヒーセット(¥550)も出来ます😉












オススメは、あんバターたい焼き


「賞味期限1分!?」のキャッチフレーズにひかれて、噂にあんバターたい焼きを注文💛


アツアツ出来立てを提供してくれるので10分ほど待ち時間があります。
フードコートみたいなベルが渡されました⭐


バターが溶けやすいのでお気をつけください、とトレーとともにたい焼きが☆



大きなバターが入っています♡

なるほど!バターが1分で溶けてしまうので賞味期限が1分なんですね!


写真をゆっくり取ってる時間もないくらいに溶け始めるバター(笑)

でも溶けたバターが粒あんに良く絡んですごく美味しいんです♥とても濃厚な味♥


バターは特注の「北海道日高バター」を使用。

バターだけではなく、あんこや生地にもこだわりが!

あんこは餡作りの老舗「イマムラ」製の餡、生地は最高級の「特宝笠」という薄力粉を使用。

ふわふわながらカリッとした生地もとても美味しかったな😊

お店の前には絨毯が引かれた長椅子が用意されているので、座っていただくことができます★


※あんバターたい焼きのみテイクアウト不可







お土産やワークショップも!昇竜苑


まめたいの入る昇竜苑は、京都を代表する老舗店がたくさんはいる「京都を満喫できる」をコンセプトとした施設。



入口の風車が目印☆

1階はお漬物の西利や、茶の菓で有名なマールブランシュ、八つ橋の西尾なの老舗などが。


2階は京の伝統工芸フロア。

清水焼の朝日堂やお香の松栄堂など京都の有名どころが並びます。


松栄堂ではオリジナルのお香を作れる体験や、竹工芸品の竹籠編み体験なども!

昇竜苑で半日は過ごせるくらい充実した施設です☆

また2階にはフォトジェニックな願掛け代が♡


カードに願い事を書いて願掛け台に飾ります。


願いが叶うように野宮神社の奉納されるそうですよ。野宮神社は嵐山にある、縁結びの神様です🙂

わたしも願いをしたためて…叶いますように…😄








まめものたい焼き 基本情報



⭐住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町40−8 昇龍苑1階

⭐TEL 075-354-6166

⭐営業時間 10:00~17:00

⭐定休日 不定休

⭐駐車場 なし

⭐アクセス 嵐電嵐山駅下車すぐ


ちなみに四条に2018年にオープンした「あまいろコーヒーとたいやき」というカフェも美味しいたい焼きがいただけるそう!



それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨










京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす