隠れ家カフェ・衣笠「山猫軒」


今回は世界遺産・龍安寺の向かいにあるカフェ「山猫軒」の紹介です🎵



カフェ「山猫軒」


「山猫軒」は京都市右京区にある世界遺産・龍安寺の向かい、「きぬかけの路」沿いに位置しています。


きぬかけの路は、金閣寺・龍安寺・仁和寺の三つの世界遺産を巡る全長およそ2.5Kmの観光道路。

緑豊かな林や竹林が並ぶ情緒のある街道で、宇多天皇が、夏に「雪景色が見たい」と言い、衣笠山に白い布をかけたことが由来と言われているそうです☺

山猫軒は階段を降りた半地下にお店があります。
地下ですが、大きな窓から光が入り込み、解放感溢れ明るい雰囲気の店内。


ナチュラルな木目調のインテリアで統一された店内には、アンティーク調の家具や雑貨がならびます。

珍しい海外もののタイプライターや海外の本や雑誌も。




席数は40席ほどと広い店内。1席のみですがテラス席もあり。マリメッコのテーブルクロスが可愛い♥


平日お昼過ぎの来店でしたが、ほぼ満席!ひっきりなしにお客さんが訪問。きぬかけの路は飲食店がほどんどないので観光シーズンには混雑します。

スタッフの数が少なく忙しそうでしたが、笑顔を絶やさずに接客されていたのは素晴らしいと思います。


店名の「山猫軒」は宮沢賢治の児童文学「注文の多い料理店」からとったものだそう。





山猫軒 メニュー


●フードメニュー

パスタは三種類と、サンドイッチ系、ハンバーグなど。全て自家製だそうです。



パスタ単品で¥1,450~と全体的に高めの設定です💦
京湯葉とグリルベーコンのパスタはサラダ。ドリンク付で¥2500はさすがに高すぎるかと💦
(京都街中の美味しいイタリアンのお店でも¥2500あればコースが食べられるな...)



デザートメニュー

人気のワッフル。デザート系から食事系まであります。
季節の素材を使ったワッフルやパフェなども。


ワッフルもドリンクセットで¥1,500~と高めの値段設定。

全体的にお高いからからかな?近隣には立命館大学もあるのに若い方はほぼおらず、落ち着いた年齢層の方が多かったです。





実食・パスタとバーガー


サルシッチャとグリル筍のパスタ 春のバジルソース仕立て


イタリアのソーセージサルシッチャと筍がふんだんに入った春らしいパスタ。

バジルソースにはニンニクがきいていて美味しかったです♡レモンの酸味がクセになる★



●鱈フライとチェダーチーズのダブルフイシュバーガー


大き目の鱈フライとシャキシャキのキャベツが沢山!自家製のタルタルソースが入っています。

フライドポテトと人参のマリネ付き。お味は...普通でした(笑)



ランチとセットで頼めるワッフル。カラメルやフランボワーズなどある中からショコラにしました。

生クリーム添えです。こちらも普通かな~。家で作れそう(笑)


パスタで¥1500、バーガーで¥1900はやはり高いな~💦お値段が¥1,000くらいなら納得、といった感想です。

焼菓子はとても美味しそうでした♡お土産にも良いかも♪


カフェ 山猫軒
3.7
料理・味

★★★

雰囲気

★★★☆

ボリューム

★★★

アクセス

★★☆

コスト

★★






山猫軒 店舗情報



★住所 京都府京都市北区等持院北町39−6

★TEL 075-462-6004

★営業時間 10:00~19:00(1・2月は18:00閉店)

★定休日 第2・第4木曜日(4・5・10・11月無休)

★駐車場 あり

★アクセス 京都市バス「龍安寺駅」徒歩5分



それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨





京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす