街中の神社・新京極「錦天満宮」




今回は京都の中心部、新京極通にある「錦天満宮」の紹介です🎵




錦の天神さん「錦天満宮」


京都は正式に登録されているだけでも、神社が約800、寺院で約1,700もあります。
(京都の地図を見ると「卍」ばかり(笑))

世界遺産の金閣寺や下鴨神社以外にも、京都の各所に沢山の寺社仏閣がひしめき合っている状態。

京都一番の繁華街・四条河原町にあり、沢山の飲食店やお土産屋さんが並ぶ商店街「新京極通」にも神社が存在しています!

新京極通りは8つの社寺があり、神社を詣ることを「八社寺詣り」と呼ばれています。
(誓願寺、西光寺、誠心院、安養寺、善長寺、蛸薬師堂、錦天満宮、染殿院。)


四条通りから新京極入ってすぐ、京都京の台所とよばれる錦市場商店街の東端に位置し、錦の天神さんと呼ばれる「錦天満宮」

もとは洛中にありましたが、天生年間、豊臣秀吉の都市計画で現在地に移りました。

錦市場の突き当りに見えてくる沢山の提灯が錦天満宮の入口です。


賑やかな商店街から一歩入るだけで、静かで落ち着いた境内。
ここが京都一番の繁華街と忘れてしまうほど静寂な雰囲気でした。

非接触祓鈴といって「牛さんの上の手をかざすと鈴が鳴ります」と。
電子音でガラガラガラ~と鳴ったのでびっくり(笑)


街中にあり沢山の参拝者が訪れるためか、コロナ対策をしっかりとされています!






錦天満宮のご利益





約200坪の錦天満宮。御祭神の菅原道真公が本殿に祀られています。




境内には、小さな4つの神社を含め、学業成就、厄除け、商売繁盛、安産などのご利益で知られています。



また境内入ってすぐのところに臥牛が鎮座しています。


勤勉・慈愛・健康の象徴といわれている臥牛は「撫で牛」として有名ですが、こちらもコロナ対策で「心の中でそっと撫でてください」と書かれていました。





四季折々の花々と良質の水


錦天満宮の井戸水「錦の水」。
なんと地下三十数米から湧き出しているのだそう!

「京の名水」といわれていて無味、無臭、無菌の飲用に適する良質の御神水です。


手水舎の奥に蛇口があり自由に汲んで持ち帰れ、訪れた日も水を汲みに来られる方がいらしゃいました。



昔は錦市場にも地下水が湧いていて、豆腐に使用したり、生ものを冷やしていたそう。

境内には美しい花々や木々があり心癒されます。
キラキラ輝く新緑の季節が近づいてきました…✨



四条駅や河原町駅から徒歩すぐで交通アクセスも良いので、お買い物の際でも立ち寄れる場所です。







錦天満宮 基本情報



★住所 京都市中京区新京極通り四条上る中之町537番地

★TEL 075-231-5732

★参拝時間 8:00~20:30

★拝観料 無料

★駐車場 なし

★アクセス 阪急河原町駅より徒歩3分




それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨






京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす