宝石のような美しいスィーツ♡スィーツラボ「RAU」


こんにちは。

今回は河原町グッドネイチャーステーション中にある、パティスリー「RAU(ラウ)」の紹介です🎵







スィーツラボ「RAU」


2019年に河原町に開業した商業施設「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」。

1~3階はマーケットやレストラン、4階~9階はホテル。

「GOOD NATURE」をテーマに、楽しみながら美しく、健康になれるライフスタイルを提案するというだけあって、どの店舗もハイセンスでおしゃれ♡

3階は高島屋と連絡していてアクセスも抜群!

そんな中でもひときわ目を引く「RAU」はGOOD NATURE STATIONのオリジナルスィーツブランド。


1階がのケーキや焼菓子、チョコレートなどの販売、3階はRAUのスィーツがいただけるRAUカフェがあります✨







フォトジェニックなスィーツたち♡


RAUには今までに見たことがないようなとてもおしゃれなスィーツが並びます✨

ガラスケ―スではなく、丸い石のテーブルにディスプレイされた様子はまるでギャラリーのよう!




想像性に富んだケーキはまさにアート😊

ケースがないので近くで見られるのも嬉しい。


プライスカードをあえて小さくし、説明を少なくしているのも、「RAU」の世界を自由に感じて、楽しんでほしいという思いからだそう。

RAUの中でも一番力を入れているだろうチョコレート。

カカオ豆を選ぶため、パティシエたちは中米のコスタリカまで足を運んだそう。

深みのある味わいのチョコレートはバレンタインにもきっと喜ばれると思います🍫



また焼菓子も充実しているのでギフトにもピッタリ⭐
パッケージはスィーツを引き立たせるためのシンプルなデザイン。









若手のパティシエたちが生み出す世界観


RAUとは 「らうらうしい」 という古語に由来し、気高い美しさや気品を意味しています。



「ここにしかないもの」をテーマに3人の人気パティシエがタッグを組んでオープンしたRAU。


東京の人気店「カルムエラン」を営んでいた松下裕介氏、フランスのミシュラン2つ星レストランでパティシエとして活躍していた高木幸世氏、有名なパティシエ辻口博啓氏のもとで働いていたしていた奥田洋介氏。

3人とも20~30代。若手ならではの自由で斬新な発想で新しいパティスリーの在り方を京都から発信されています。

石の台に散りばめられたブルーや赤などのガラスの破片。
これは人口的に計算してできたものではなく、セメントとガラスが混ざり合う中で自然に生まれたもだそうです。


今までのパティスリーとは一線を画す、常識を覆すような世界観は必見です⭐









見た目だけじゃない、本格派のスィーツ


今回はジェラートをイートイン。RAUの向か側にイートインスペースがあります。



イートインスペース!?とは思えない、高級感のあるスタイリッシュなスペース(笑)

1階のマーケットにあるオープンキッチンで作られた軽食や、日本では珍しいテイスティングマシーンのワインもこちらでいただけます。

ジェラートは5種類。



№2のジェラートに♡

バニラはピュア、ラム、ボタニカルの中から選べます。ココナッツ風味のボタニカルに。


そしてアロマショコラことチョコレートのアイスが絶品!こんなに香り高いチョコレートは初めて!


そしてRAUの定番のクリームサンドブリュレ「Nami-Nami」がトッピング。

クリームと濃厚な板チョコが挟まっていて、甘さだけではなくほどよく効いた塩気が最高。ジェラートとの相性も抜群でした。

「Nami-Nami」はフランスと京都の街で見かけた、屋根瓦の風景や形状をイメージして生まれまたそう。


美しさと美味しさを兼ね備えたRAU、これからも躍進を続けそうですね。



カフェ RAU
3.9
料理・味

★★★★☆

雰囲気

★★★★

ボリューム

★★★☆

アクセス

★★★★

コスト

★★☆










RAU 店舗情報



⭐住所 京都市下京区河原町通四条下ル 2丁目稲荷町318 -6 1階

⭐TEL 075-352-3712(代表)

⭐営業時間 11:00~20:00

⭐定休日 不定休

⭐駐車場 あり

⭐アクセス 阪急河原町駅 徒歩2分






それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨










京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす