一保堂 喫茶室「嘉木」


今回は京都老舗の茶舗・一保堂の喫茶室「嘉木」の紹介です🎵


1717創業の老舗 一保堂


1717年創業の京都に本店を構える、日本茶の専門店「一保堂(いっぽうどう)」

本店は画廊やアンティーク家具屋、骨董店などが立ち並ぶ寺町二条に面しています。


創業当時は、茶や茶器などを扱う「近江屋」として営業していましたが、扱うお茶が評判を呼び、1846年に山階宮(やましなのみや)より「茶、一つを保つように」と「一保堂」の屋号をいただいたそう。

店内には年代物の茶壺が並びます。


普段使い出来る番茶やほうじ茶、麦茶から、高級な煎茶や玉露、抹茶などお茶全般が揃っています。


一保堂では、木津川、宇治川両水系の気候で栽培され、宇治発祥の宇治製法で作られたお茶を中心に取り扱ってるそう。

本店限定の特選煎茶はお土産にも良さそう♪


喫茶室「嘉木」


本店に併設されている喫茶室「嘉木」では一保堂のお茶を楽しむことが出来ます。

落ち着いた雰囲気の店内は、所々に見られる和の設えが美しい。


以前は「お茶を淹れるところからご自分で」というスタイルで、スタッフが美味しいお茶の入れ方をレクチャーしてくれていましたが、現在はコロナ対策の為、スタッフが淹れたお茶が提供されます。


嘉木は京都本店と丸の内店の2店舗のみです。




喫茶室「嘉木」メニュー


喫茶メニューは一保堂の銘茶がいただけます。

玉露、煎茶、ほうじ茶、玄米茶。また京都限定の特選煎茶と特選抹茶も。


お菓子付きと単品が選べ、お菓子は練り切りときんとんなど3種類ほどから選べます。

テイクアウトもされています★抹茶豆乳ラテはテイクアウトのみです。



京都の銘茶と銘菓をいただく


今回は薄茶とお菓子のセットを注文★

きれいに練られたお茶。一保堂のお茶は程よい甘みと抹茶独特の苦みのバランスが絶妙で、初めての方でも飲みやすです。


可愛らしいお花の形をした練り切り。あんこが滑らかでとても美味しかったです♡
鴨川二条にある老舗「京華堂」というところのものです。

お菓子は聞かれることが多いらしく、お店の名刺をいただきました。

京華堂の生菓子は全て予約制とのこと。


蝶々をイメージしたというお菓子は白餡が丁寧にこされてあり滑らかな舌触り♡


お菓子は京華堂以外にも、二條若狭屋など京都でも有名な銘菓です。


行くたびに違うお菓子をいただけるのが嬉しいですよね♪

自宅用にいつものいり番茶と煎茶を購入。


京都で番茶といえばいり番茶。わたしは一保堂のいり番茶が大好きで欠かさず購入しています。
スモーキーな香りと豊かな風味がクセになるんです。

150g¥486と買いやすい価格も魅力的♪



カフェ 一保堂 嘉木
3.9
料理・味

★★★★

雰囲気

★★★★

ボリューム

★★★

アクセス

★★★

コスト

★★★






喫茶室「嘉木」 店舗情報



★住所 京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町52

★TEL 075-211-4018

★営業時間 17:00~17:00(LO16:30)

★定休日 年末年始

★駐車場 あり

★アクセス 東西線「京都市役所前」駅 11番出口 徒歩5分





★HP

https://www.ippodo-tea.co.jp/index.html


それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨




京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす