鶴屋吉信本店「果の彩」



今回は京都の老舗和菓子屋のひとつ「鶴屋吉信」本店の紹介です🎵








創業から200年以上!老舗和菓子屋・鶴屋吉信


鶴屋吉信は、江戸時代初期に初代の「鶴屋伊兵衛」により創業。200年以上の手歴史ある老舗和菓子屋です。

全国の百貨店に出店しており、茶房やカフェも展開。

本店は堀川今出川の交差点北西に位置しています。


京都らしさを感じる、紫色の暖簾と数寄屋造りの建物は、京都市から景観賞も受賞しています。

入のショーウインドウの、四季折々の趣を凝らしたディスプレイも見どころのひとつ。


訪れた日はお雛まつりのディスプレイと柳飾り♡


和のしつらえが美しい店内。



京都が誇る日本画家・上村敦之氏によって描かれた杉戸絵も必見✨
屋号にもなっている丹頂鶴は迫力があります!


杉戸絵の前には、鶴屋吉信の代表銘菓や人気商品が並びます。



※2階の茶室やお休み処は2021年3月5日より営業再開予定。








銘菓と京都限定商品


落ち着いた雰囲気の店内。ゆっくりお買い物が出来ます。

鶴屋吉信と言えば、「京観世」。なんと発売してから100周年なんだそう!!
「柚餅」も看板商品のひとつで、明治初年に創案されたもの。(昭和天皇がお買い上げされたらしい!)


本格派のお饅頭「紡ぎ詩」も人気商品。
可愛らしい形は、西陣織の繭をイメージされて作られています。


春らしいお菓子も♡



京都地区限定商品の「花のつばらつばら」は桜色の餡に白小豆を散らしたもの。
京都の店舗もしくはWEBのみの限定販売です🌸




お雛様のシーズンだったので、可愛らしいお干菓子や麩焼きせんべいなども販売されていました🎎





商品が置かれているショーケースは、なんと樹齢100年の栗の一枚板を使用しているそう。






ドライフルーツ×羊羹「果の彩」


羊羹をもっとおしゃれに軽やかに、と考案された新しい羊羹の形「果の彩(かのあや)」



●だいだい オレンジや甘夏柑ピールの芳醇な香りと優しい甘さの白羊羹
●うすべに いちごとすり琥珀紅羊羹
●しょこら いちごやクランベリーと相性の良いチョコレート羊羹

3個入りで¥1,620

何度かお店に足を運びましたが、人気の商品で完売が続いたので、お取り置きをお願いしておきました😉


羊羹とは思えない軽い食感✨自宅でお抹茶といただきました😊


ドライフルーツやナッツと羊羹の相性が抜群!いちごとクランベリーをあしらった「うすべに」は羊羹が二層になっていました🍓

羊羹の、ずしっと重い、地味、といった印象を根本から覆すとても可愛らしいお菓子♡


人気なので早めの来店もしくは、予約をオススメします😉



京土産 鶴屋吉信本店
3.8
料理・味

★★★★☆

雰囲気

★★★★

ボリューム

★★★

アクセス

★★☆

コスト

★★☆








鶴屋吉信 店舗情報



⭐住所  京都市上京区今出川通堀川西入る

⭐TEL 075-441-0105

⭐営業時間 9:00~18:00

⭐定休日 毎週水曜日、元旦

⭐駐車場 あり(店舗北側と今出川通りを挟んで南側)

⭐アクセス 地下鉄烏丸線「今出川駅」徒歩10分




それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨











京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす