チョコレート専門店 祇園「カカオマーケット」



今年のバレンタインは土曜日。プレゼント&自分用にもピッタリのチョコレート専門店「カカオマーケット」の紹介です🎵








祇園「カカオマーケットByマリベル」



祇園四条駅から徒歩すぐ、「カカオマーケット」

京町屋が並ぶ祇園に異国情緒漂う外観が目を引きます😉



ノスタルジックな雰囲気の建物の大きな時計が可愛い♥

カカオマーケットはNYの本店があるチョコレート専門店「マリベル」の姉妹店。

マリベルは、ショコラティエ「マリベル・リーバマン」創設者。マリベルは南米ホンデュラス出身だけあり、カカオにはこだわが。

ホンデュラスと共同事業でカカオ豆を栽培し、選び抜かれたカカオ豆をNYに直輸入し、秘伝のレシピでひとつひとつ作りあげられています。

カカオマーケットはマリベルに比べるとカジュアルなラインナップ♥



日本では、京都・東京・沖縄の3店舗のみの展開です😊









ノスタルジックな可愛い店内♡


外観と同じく店内も素敵💕

アンティーク調のディスプレイがとっても可愛い♥女子が大好きな空間です♡


バレンタイン間近ということで、店内には所狭しと沢山のチョコレートが🍫


缶などのボックスもとても可愛い♡

建物の横には大きな羽の壁画が描かれていて、なんともフォトジェニック😍










選ぶのが楽しい♪量り売りチョコレート


ショーケースの中ににある沢山の種類のチョコレート。これは好きなチョコレートを好きな分量だけ量り売りしてもらえます。


アーモンドチョコレートなどの定番にチョコレートボールから、厳選されたドライフルーツをチョコでディップしたフルールディップ、大胆にハンマーで砕かれたバークチョコレートなど。

100g¥1,200~。

チョコレートボールだけでも14種類とフレーバーが沢山ありますが、選んでいる時間も楽しい♡

店内にはセルフのディスペンサーもありました😊



チョコレートは無料の袋が、好きな缶に詰めるか選べます。

メッセージが記入できるキャニスター缶に詰めてもらいました✨(写真・右)

種類が多すぎて選べない…という方にはあらかじめ缶にはいったアソートセットがオススメ😉








見た目も味も満足!チョコレート菓子


ショーケースの中にはフォンダンショコラやガトーショコラなど美味しいそうな焼菓子が沢山✨


大人気の「ピロー」は枕のような形の大きなマカロン⭐
アズティック、ラズベリー、ヘーゼルナッツの3フレーバー。


一口サイズのクッキーは、チョコたっぷりのチョコレートチャンキーと、ナッツをふんだんに使用したチョコナッツの2種類。


厳選したカカオをしたホットチョコレートは、アズテック、スパイシー、ヘーゼルナッツミルク。ドリンクだけではなくチョコレートソースやお菓子作りにも使用できるそう



甘酸っぱいイチゴをフリーズドライしたホワイトチョコレートはボックスも可愛い♪


クッキー生地にミルクとダークチョコレートをコーティングした「カレイドスコープ」

アンティーク調の缶が素敵⭐


マリベルのチョコレートも購入できます☆さすがセレブ御用達!洗練されたデザイン!

マリベル京都店は四条柳馬場通上がった所にあります。


スィーツ カカオマーケット
3.9
料理・味

★★★★

雰囲気

★★★★

ボリューム

★★★☆

アクセス

★★★★

コスト

★★★









ジェラート&チョコレートドリンク テイクアウト


カカオマーケットは1階がショップ、2階がチョコレート工房、そして地下が「エンジェルライブラリー」というカフェが併設されています。

またジェラートやチョコレートドリンクもテイクアウトOK!










カカオマーケット 購入品


今回は購入したもの「キュイショコラ」(左)



オーブンでじっくり焼かれた焼菓子⭐

量り売りのチョコレートはダブルディップドマカダミア、レーズンホワイト、ダークオレンジ、クランチーバールダーク、ヘーゼルナッツバークチョコレートをセレクト。


伊予柑を使ったダークオレンジチョコレートは人気商品なんだそう。

紙袋も可愛いな✨










カカオマーケット 店舗情報



⭐住所 京都市東山区常盤町165-2

⭐TEL 075-533-7311

⭐営業時間 SHOP12:00~18:00、CAFE14:00~17:45

⭐定休日 火曜日

⭐駐車場 なし

⭐アクセス 京阪本線「祇園四条駅」より徒歩約1分





それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨











京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす