京都発祥 牛カツ専門店 勝牛


みなさん、こんにちは⭐管理人のCOZZYです🎵



さて、今回は京都発祥の牛カツ専門店の紹介です🎵





京都・勝牛



勝牛は2014年に京都で創業した、老舗店が多い京都でも比較的新しいお店😀

現在では京都のみならずほぼ全国に店舗展開、また海外にも進出している勢いのあるお店です。カナダや台湾にも出店してます!


以前にも記事にしましたが、京都人は牛肉が大好き。そんな京都で生まれた牛肉専門のカツ屋さんです。









勝牛のこだわり



牛肉専門の勝牛はこだわりがたくさんあります。

牛肉は本来の旨味にこだわり吟味した厳選部位のみを使用。部位ごとに最適な産地や品種を吟味し、世界中から厳選して取り寄せているそう。


ほとんどのメニューがミディアムレアでの提供。独自の厳しい品質管理基準を徹底管理しているので安心にいただくことができます。


店舗も京都らしさに溢れています🙂

暖簾の牛の絵は京都を代表する絵描きユニット「だるま商店」さんの作品。
よく見ると、舞妓さんや五山の送り火、鳥居などが描かれています!


だるま商店は、山科・小野の随心院にある襖絵「極彩色梅匂小町絵図」でも有名。CGと手描きを駆使した独創的な絵描きユニットです。










勝牛 メニュー


勝牛のメニューはそこまで多くありません。

基本的にカツとご飯、お味噌汁がつく定食スタイル、あとは勝重。










勝牛 感想



今回オーダーしたのは

牛ロースカツ 京玉膳 M ¥1,480

※Lサイズ(¥1,680)もあり


 


お肉は希少部位「ハネシタ」を使用。

見事なミディアムレア♥




この完璧なミディアムレアは、高温短時間で揚げているから。部位ごとに時間や温度を微調整しているみたいです😄


サクサクで美味しかったのですが、少し硬く感じたので、柔らかい「牛ヒレカツ」にすればよかったかな😅


牛ロースカツは「赤」と言われていて、赤身の旨味を楽しめ、逆に牛リブロースカツは「白」と言われていて、脂身の旨さが楽しめます。

5つの部位から好きなものを選べ、また、2つ以上の部位を食べ比べできる
相盛り膳もオススメです!











バリエーション豊かな食べ方



勝牛の魅力は、なんと言っても一食で何通りも楽しめるバリエーション豊富な種類のたれと薬味⭐


①わさび醤油

②山椒塩

③牛カツソース

④京カレーつけ汁

⑤京玉(お出汁を効かせた半熟卵)

⑥みぞれポン酢


私のお気に入りは「京カレーつけ汁」と「京玉」どちらもさっとくぐらせていただきます☆
シンプルなわさび+だし醤油も美味しかったです😋


ご飯にカツとカレーつけ汁を乗せたカツカレーや、京玉で卵かけごはんなど…ごはんの食べ方も色々。好きな食べ方を見つけるのも楽しい♬

麦ご飯、キャベツ、赤だしはおかわり自由です😉




グルメ 勝牛
3.7
料理・味

★★★☆

雰囲気

★★★

ボリューム

★★★☆

アクセス

★★★

コスト

★★★☆










勝牛 基本情報


今回訪問した「清水五条坂店」


⭐住所 京都府京都市東山区五条橋東6-583

⭐電話番号 075-551-5366

⭐営業時間 月-金11:30-15:00/17:00-21:30 土日祝11:30-21:30

⭐駐車場 なし

⭐アクセス 清水寺より徒歩5分、京阪「清水五条駅」より徒歩15分


他にも京都駅前、先斗町、河原町にも沢山店舗があります。











テイクアウトもオススメ



牛勝はテイクアウトも充実!店内では食べられないタレカツや牛カルビ丼などがあります。

牛タレカツ重(¥800)を持ち帰り♥


豚のタレカツは食べたことがありますが、牛は初めて!想像以上に美味しかったです♥

お店でいただいたミディアムレアのカツよりこちらの方が好みかも

メンチカツ重やソースカツ重も美味しそうでした😆

京都発祥の勝牛、お店を見つけたら是非行ってみてください☆










それでは皆様、また次のレポートでお会いしましょう🎵

皆様にとって京都がハッピーライフでありますように✨











京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす