京北町 パワースポットベスト3 



京北町 パワースポットベスト3 



今回は京都市右京区京北町(けいほくちょう)を紹介します

京北町 とは…


京都市街から国道162号線を北へ約1時間ほどの場所に位置しています。

以前は北桑田郡京北町でしたが、2005年に京都市右京区の一部に編入されました。現在では京都の別荘地や、田舎暮らしを楽しむため移住する人も増えているそうです。

京北町は総面積217平方kmで、その93%が山や森林。上桂川と弓削川の清流や豊かな森に囲まれ、素晴らしい自然環境に恵まれています。

また林業が盛んで、昔は御所への木材を貢納していいた歴史があり、京都への木材供給地として栄えてきました。北山杉が特に有名です。

(花粉症の人には辛いですぅ😢)


そんな京北町は平安京遷都から皇室と深いつながりがあり、沢山の寺院が現在も点在しています。有名な神社から穴場パワースポット&ミステリー?な神社をご紹介します♪



ではでは、京北のパワースポット神社ベスト3、まず一つ目は

ジャジャーン✨

常照皇寺(じょうしょうこうじ)

常照皇

京北井戸町にある臨済宗天龍寺派の寺院。北朝初代の光厳天王が開山し、同地にあった無住の寺を改めて開創したのが常照皇寺の始まりだと言われています。


常照皇寺の山門。ここの四角いフレームに見立てて見る額縁紅葉が有名。(10月1週目の時点では紅葉は見られませんでしたが💦)、



しだれた青紅葉が美しい♡どの場所を撮影しても絵になるな…✨





紅葉の以外には、桜も有名です。国の天然記念物である「九重桜」や御所から株分けされたといわれる「左近の桜」も。紅葉、桜ともに人気のスポットです😉

春の桜もおススメです。

ちなみに拝観は16時までです。今回、常照皇寺に到着したのが15時55分で拝観はできませんでした💦

ぜひ、拝観もおススメです、庭園も見ることができますよ😉




常照皇寺

住所:京都市右京区京北井戸町字丸山14-6

拝観時間:9時~16時

拝観料:500円

駐車場:あり

アクセス:京北ふるさとバス 山国御陵前バス停




つづきまして、京北のパワースポット神社ベスト3、二つ目は


ジャジャジャーン✨

賀茂神社




杉林の中にひっそりとある賀茂神社、まさに秘境といった場所にあります。

鬱蒼とした杉林を抜ると参道が。参道は舗装されているので歩きやすい。

日中だけど生い茂る杉林のせいで薄暗くて暗い雰囲気。

本当に神々が住んでいるような雰囲気。




鳥居の奥には社もあります。

鬱蒼として湿度も高いため、参道をはじめ、鳥居や狛犬も苔むししています。

まさに異空間。戻って来られるか不安になります😨





この井戸❔ 焼却炉❔ がまた怖い💦来る、きっと来る…を想像してしまう😅 井戸ではないですけどね(笑)中には紙垂らしきものが少し見えました。ゴミかな・・・



創建等の由緒は不明ですが、創建1000年という歴史のある神社なのだそう。

1000年・・・すごい。やはり只者ではない、凄いぞ賀茂神社😲



神々しいパワーを感じられる賀茂神社。ぜひ京北町に来たときは寄ってみてくささい😄

※神事やお祭り以外では参拝者が少ないので、女性ひとりではオススメしない場所です

※車が必須。車のナビでは近くまでしかでないのでグーグルマップが便利です。



賀茂神社

住所:京都市右京区京北中江町傳士16




では最後になりました、京北パワースポット神社ベスト3、三つ目は

ジャジャジャジャーン✨

稲荷神社


ここは京北町の中でも、超絶ディープな神社

道路沿いの山林の中にひっそりと。なかなかわかりずらい。

普通に車で通り過ぎてしまいます。2回ウロウロしました💦

グーグルマップで検索してみると・・・。

んん?? 道路沿いの山林に、⛩マークが。 山林をよくみてみると、灯篭らしきものが。

簡易的な参道❔がありました。あっここですか、発見❕❕

山林に入り、灯篭を目指し参道を少し歩いていくと、朽ち果てた鳥居が、参道に…😰



その先を見渡すと・・・。 えっ、洞窟があるじゃないですか。

なんとこの洞窟の中に祠が祀られています。入口は大人一人が、かがんで入れるほどの大きさです。洞窟内は真っ暗なのでスマホのライトで照らしてくださいね。

おそるおそるミステリアスな洞窟の中に。 気分はもうインディージョーンズです😅



祠には稲荷神が祀られていました。なぜ、洞窟の中に稲荷神が祀られているのかは、謎のままですが、

興味のある方は是非行ってみてください🙂


 
つづりのご先祖様と関係あるのかな?? 稲荷神社にお参りに行くときはくれぐれも気をつけてね





賀茂神社に向かう途中に見たコスモス畑💛



いつの間にかコスモスの美しい時期に。ピンクとベビーピンク、ホワイトの優しいカラー。この組み合わせが一番好き♥

撮影しても良いか、近くにいた農家のおじさまに確認したら快諾してくれました。なんなら持って帰っていいよと(笑)

この周辺はコスモスが沢山さいていたけど、こちらの畑がとてもきれいでした🥰



コスモスは、ギリシャ語で「美しい」「飾り」という意味を持つ花です。カラーによって、全く違う意味を持ち、ピンクは「少女の純潔」、白は「美麗」、赤は「調和」だそうです。

今頃、京都市植物園のコスモスも満開になる頃だろうな~☆



 
自然がいっぱいの京北町ではバーベキューや釣りも楽しめるよ☆京北自然公園ではきのこ狩りやピ造りなど体験イベントなども沢山♪
京つづり ブログの最新情報をチェック!
>


伝統と革新の調和する京都
四季それぞれの魅力があり
かわいいもの
おいしいものがあふれる京都を
たっぷり楽しんでおくれやす